ユーロ圏主要国関係者:デジタルユーロにはプライバシー、環境保護性が必要

【ユーロ圏主要国関係者:デジタルユーロにはプライバシー、環境保護性が必要】ゴールド財経は、ユーロ圏主要国の関係者が作成した文書によると、デジタルユーロは人々のプライバシーを保護し、環境に優しく、上限を持つ制限を受ける可能性があると報じた。文書によると、デジタルユーロは現金に取って代わるべきではなく、商業銀行が発行するデジタル通貨など、民間部門の支払い手段を補うべきだという。同文書は、「デジタルユーロは金融のプライバシーを考慮する必要がある。一般的に、支払人と受取人の身元は欧州連合の法律に基づいていない限り、中央銀行や取引に関与していない第三者仲介機関に開示してはならない」と付け加えた。 また、これらの当局者は、ECB執行委員会のFabio Panetta氏の提案に同意したようだ。つまり、金利やハード上限を下げることで、従来の銀行システムから資金が流出するのを防ぐためにCBDCの保有を制限することができる。(CoinDesk)